流れ着いたポルトガル tomo27.exblog.jp

デジカメを手に入れるまで・・・

デジカメがないので文字で表現するしかないですねぇ、がんばります。
さて、私コックというかシェフなんです。
ちなみにシェフスクールはカナダのバンクーバーで卒業しました。
そこの同級生のお誘いでポルトガルまで来てしまったんです。
今、働いてるレストランは小さめでポルトガルにありながら観光客向け
ですので、お客さんはもっぱらイギリス人とドイツ人です。
ちなみにオーナーはドイツ人で、同僚も私を含め移民です。
レストランのメニューはインターナショナルで、ドイツ料理よりでしたが
私の登場で今はアジアよりですね。
仕事での料理は決まり決まったものなんですが
毎日のスタッフへの食事作りがけっこう大変であり面白いです。
日本人も好きなポテサラ、あのマヨネーズたっぷりのサラダですが
これはこっちでも好評で特にロシア系の人は大好きです、ロシアに
似た料理ありますよね、日本人感覚で言えば彼らにとっては
白いご飯みたいなものなんでしょうか?山盛り食べます。
胸焼けしないのだろうか?と思うんですけど平気のようです。
[PR]
Commented by yukun45 at 2005-01-19 06:07
そういったいきさつでポルトガルなんですね。タイトルの「流れ着いた」って表現がおもろいです。
学校は、バンクーバーアイランド近くのですか?っていうか、あそこくらいしか知らないな〜。
今最初っから読ませていただいてますです。
by m_tomo27 | 2004-10-17 21:50 | Comments(1)